ペットと一緒に暮らすこと~あなたにとってペットとは何ですか?

あなたはペットと一緒に生活したことはありますか?もしかすると、これから一緒に暮らすことを検討している方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ペットを飼うにはさまざまな知識、そして覚悟が必要となるのです。 - ペットを飼う際の心得は?

ペットを飼う際の心得は?

ペットを飼うためにはあなたは何を準備しますか?
生物の種族によって準備しなければならないものはそれぞれ異なってきます。

一般的な種族から挙げていくと猫や犬などが、多くの人々と共に生活していると思います。彼らを飼うためには、数々の試練としっかりとした準備が必要となります。

◆どこでペット出会う?
まず出会いのスタートが保健所なのか野良なのか、それともペットショップなのかを考えてみましょう。

保健所や野良の場合、まず動物病院に連れて行くことを考えなければなりません。そして外にペットを出したりすることのある場合は、医師の意見やペットの健康状態を確認しつつ去勢・避妊することが基本となります。

外に出さなくても雄と雌の両方を含む、複数飼いの場合も去勢・避妊をする方が良いでしょう。
子犬、子猫が増えすぎて世話をしきれなくなってしまった、なんて事態になってしまうことを防ぐことができます。

◆ペットを捨てる、という行為
一度飼っていたペットをどんな理由でもむやみに捨てる行為は、法律の動物愛護法にひっかかる可能性が高い上にあなたの飼い主としての責任感の無さ、人としての判断力の無さを意味します。
捨ててしまう理由でダントツに多いのは子供がアレルギーになった、引っ越し先では飼えないなどです。

まずスタートの段階でこれらを頭に入れる事が大切です。あなたの人生で何が起こるのかは誰にもわかりません。しかし、ペットを飼うという事は新しい家族が一人増えるということを頭にいれてください。
つまり寿命を全うし死ぬまで一緒にいれるのかという事を考えなければならないのです。

もし、それが考えられないのであれば、あなたには動物とともに生活する資格はありません。
ペットを飼うなんて発想はせずに、電子ゲームなどの画面で飼えるデジタルペットをおすすめします。